本気で変わりたいと自立を願う夢ある女性を応援!ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします!ビジネスパートナー募集中!

ネットワークビジネス誕生の歴史について

ネットワークビジネスは、いつ生まれ、どのように発展していったのでしょうか?
まずは、その歴史をみてみましょう。

ネットワークビジネスとは、
店舗を持たずに口コミで良質の商品を直接消費者に広める
無店舗訪販商法のひとつで、商品の愛用者(消費者)が
販売員も兼ねるという独自の販売システムです。

アメリカでは、ネットワークビジネスのシステムが誕生する
以前から訪問販売が盛んでした。

広い国土をもつアメリカでは、幌馬車の時代から、
消費者に直接商品を売る、いわゆる「訪問販売」がありました。
しかし当時は、消費者と販売者は別々の存在でした。


世界で初めてネットワークビジネスを展開したのは、
アメリカ、カリフォルニア州の「ニュートリライト・プロダクツ」
(1934年カリフォルニアビタミン)だと言われています。

カリフォルニアビタミン社は、消費者と販売者を結びつけた
独自の販売方式を開発しました。

つまり、製品を愛用してくれる消費者を販売員に起用し、
その販売員に新たな販売員を募集する権利を与え、
商品の販売手数料のほかに、自らが獲得した販売員の
売り上げに対しても販売手数料を支払うという方式です。

この方法で、メーカー側は、通常の販売で必要となる
流通経費、広告宣伝費が不要になります。

その浮いた経費を販売員への販売手数料に支払えば、
自らの利益を削ることなく利益が確保できるというわけです。

この商法が当って評判となり、同じ商法を採用した会社が
出し、急速に普及していきました。

同じ頃に「スワイプ」(現「ネイチャーケア」)なども誕生していて、
1940年前後がネットワークビジネスの誕生だと言われています。


その後、1950年頃のアメリカでは、MLM方式として、
無店舗販売が勃興しました。

1960年頃にはアメリカ国内での事業者数が約200社を数える
までになりました。

しかし、中には悪質な会社も存在し社会問題となりはじめました。

有名なのが、1960年代の後半、ターナーエンタープライズの総帥
グレン・ターナーです。ミーテイングでは巧みな話術で参加者を集め
ましたが、 この会社が扱った商品は粗悪なものばかりで、中には
商品が存在しないケースもありました。

つまり、参加者を勧誘し、ビジネス登録料、タイトル獲得料、権利金など
いろんな名目をつけて、参加者に多額の出資をさせ、集めた金を上位者
が山分けしてしまう[「ピラミッド商法」のです。

このような企業が次々と誕生し、正当なビジネスをしているネットワーク
ビジネス企業も疑いの目で見られるようになりました。 

「ピラミッド商法」では経済的な損失を被った人が続出しました。


そのため、連邦取引委員会事務局は1973年以降、
悪質な会社を摘発し、中には業務停止命令が下された企業もありました。


米国内で窮したピラミッド商法は、海外へ活路を求めていきました。

海外でもすぐに違法性が摘発され、ホリディマジック社はカナダ、
スウェーデン、シンガポールでも業務停止命令を受けています。

イギリスはピラミッド商法そのものを法律で禁じてしまいました。


 ピラミッド商法とネットワークビジネスの違いが、まだ明確に意識されて
いなかった時代に、違法性が高いピラミッド商法が法的規制を受ければ、
ネットワークビジネスも「よく似た商法」として、その影響を受けざる得な
かったのは無理ありません。

ネットワークビジネスの代表企業だったアムウェイが、アメリカ連邦取引
委員会から告発された事例があります(1975年)。

このとき、アムウェイはアメリカ連邦取引委員会を相手に、敢然と自己の
正当性を主張して一歩も譲りませんでした。
4年の歳月をかけた裁判でアムウェイは徹底的に争い、
1979年にアムウェイは勝訴しました。


 「不正なピラミッド商法の本質的な特徴は、参加すれば製品を販売する権利とともに、別の参加者をリクルートするだけで消費者への製品の販売とは無関係に報酬を受ける権利が得られるとして、会社に金銭を支払わせることである。

この販売と無関係な報酬を得るというリクルート条項は、まさに無限連鎖講的仕掛(ネズミ講)で、リクルートによってある程度それを埋め合わせることを期待して多額の対価を支払った人は裏切られる。

アムウェイのセールス・マーケティング・システムは、ピラミッド・システムの持つ本質的な特徴を含んでおらず、したがってそれは本質的に偽りで人を欺すようなものではない。」


                    ※  『驚異のアムウェイビジネス』引用


『フォーチューン』という著名な経済雑誌があります。
その中で、「注目に値する新流通形態」という企画特集を組みました。

それに紹介されたことでネットワークビジネスは広く一般大衆が知るようになり、
大きな社会的関心を呼び起こしました。


1980年代に入ると、ネットワークビジネスを導入する会社が爆発的に増加し、
かつて最盛期にあっても200社といわれたのが、2000社にまで膨らみ、
その中にはコダック、エイボン・プロダクツなど有名企業も含まれていました。


このようにネットワークビジネスは、まだ歴史が浅く、発展実験段階だと
言えますが、企業にとっても、消費者にとっても有益なシステムであると
いえるでしょう。